プロポーズが失敗だったら、もう一回チャンスがあるかも?

「プロポーズは一度きり」。プロポーズは失敗したくないものですね。でも、実際は、なかなか彼女の希望通りのプロポーズができるとは限りません。「失敗できない」と思うと、なかなかプロポーズに踏み切れないものです。そうじゃなくて、一度プロポーズがうまくいかなかったら、またどこかのタイミングであらためて、プロポーズしてみてはいかがでしょうか?

プロポーズを失敗しないためにできること

プロポーズには正解がありません。ある女性にとっては理想のプロポーズでも、別の女性では、絶対に嫌なプロポーズ、ということはあります。

なるべくならプロポーズを成功させたいものですよね。

失敗を避けるべきポイントを考えてみましょう。プレゼントと雰囲気、この2つがポイントです。

指輪がほしい?指輪は自分で選びたい?

プロポーズで指輪がほしい彼女もいれば、「彼氏に選んでほしくない!自分で選びたい!」という彼女もいます。

男性から、彼女の希望通りの指輪をプレゼントできれば問題ありません。でも、彼女の好みとは全く違うものだったときが、ダメなパターンです。

彼女が持っている洋服や、他のアクセサリーとの相性もあります。本人以外はなかなか把握しにくいものです。

ドラマティックな演出がいい?静かな雰囲気がいい?

プロポーズのシチュエーションを想像してみましょう。皆の前で大々的なプロポーズをするか、二人っきりでプロポーズをするか。

性格によって、正反対の好みになります。難しいですよね。

プロポーズは、彼女の意向をしっかり汲み取りことが重要です。事前の準備をしっかりして、計画を立てていきましょう。プロポーズのプランニングは、慎重に行いましょう。

プロポーズがダメだったら、もう一度プロポーズをしよう!

プロポーズがうまくいかなかった場合を考えてみましょう。もし、「プロポーズが失敗したなー」って思ったとしても、大丈夫です。もう1回、プロポーズしてみましょう!

結婚相手からのプロポーズが失敗だったら、やり直しを希望する女性が7割』という調査結果があります。

「やり直ししてもOK」と思っている女性が多いというのは心強いですね。

失敗したときは、そのときの反省を活かして、あえて真逆のプロポーズを考えておくのがオススメです。正反対をまずは考えて、段々といい落とし所を見つけてみましょう。

やり直しのタイミングとしては、結婚式当日までがひとつの目安です。

でも、結婚してからでも大丈夫。プロポーズしてから何年目、結婚何周年、という記念日で、あらためてプロポーズするのもオススメです。