披露宴で使うプロフィールビデオを自作する

披露宴の余興の定番が、プロフィールビデオですね。プロフィールビデオって、式場を通して依頼すると結構高いんです。でも、意外に自分で作ってもなんとかなるものです。業者に依頼しても、結局、写真集めて送って、出来上がりをチェックして、って感じです。地味に写真を集めるのが大変なので、自分でやっても、業者にお願いしても、その部分は変わらないんですよね。

ということで、プロフィールビデオを自分で作る方法を模索してみましょう。プロフィールビデオをどの程度のクオリティにするか次第ですね。結婚式でどこまでの動画を流したいかによって、自分でできる範囲なのか、自作できるけど時間がかかるのか、専門業者に依頼しないといけないのかが決まります。自作の動画も、コツさえつかめれば、かなり品質の高い動画が作れますけどね。

挙式も披露宴も色々なところでお金がかかります。費用が高くなりがちなので、節約できるところで節約したいですよね。プロフィールビデオを自作すれば、ぐっと節約できます。

プロフィールビデオだけではなく、オープニングムービーもありますよね。動画をふたつ作るとなると結構大変ですが、メリハリを使えば大丈夫です。どちらを重視するか、ですね。あと、エンディングロールも動画が必要な場合もありますね。

欲張るといくらでも動画を作りたくなってしまうので、時間とスケジュールをチェックしながら、できる範囲で対応していくのが賢い方法です。

実際に自分で動画を作るときは、代表的なのが、Window Movie Maker(ウィンドウズムービーメーカー)です。でも、ウィンドウズムービーメーカーは、作成がすごく簡単なんですけど、演出の幅が狭いんですよね。といっても、有料ソフトを無理n買う必要もありません。

無料の動画作成ソフトがあるので、自分で色々とチェックしてみましょう。相性がいい悪いがあるのと、使い勝手があるんですよね。

動画作成ソフトの選び方としては、写真のスライドショーが作りやすいのか、文字装飾がやりやすいか、という2点が大切です。

ウィンドウズムービーメーカーは、スライドショーは作りやすいんですけど、文字装飾、字幕の機能がイマイチです。あと、スライドショーも、機能が多くないので、わりと単調になります。

お互いの幼少期からの写真とメッセージとともに流すだけなら、ムービーメーカーだけでも十分だと思います。